コミュ障保育士ちひろのブログ

元児童養護施設職員主婦の挑戦

高校無償化の所得制限とは?

æ©ãé«æ ¡çã®ç¡æã¤ã©ã¹ã | ããªã¼ã¤ã©ã¹ãç´ æé ã¸ã£ãã¯ãªãã

私は高校無償化の所得制限に反対です。

私はちなみに所得制限にひっかかる世帯ではありません。我が子は幼稚園〜小学生なので高校だってまだ先の話です。

 

・・・ですが!私は強く反対です!!

 

なぜなら、所得の低い世帯が仮に努力を怠ったとしても公立、私立高校自由に選択することができ、所得制限に引っかかった世帯私立入学を諦めて公立高校への進学へ断念せざるを得ない逆転現象が起きているからです。

もうすでに逆転現象が起きている時点で制度としては欠陥品です。

これは本当にいかがなものかと思っています。

以下が高校無償化の所得制限です。⇓

é«æ ¡ç¡ååã«ãªããæå¾å¶éãï¼ è³å¦ããã¶ãï¼THE PAGEï¼ - Yahoo!ãã¥ã¼ã¹

世帯年収が基準となるので、父母共働きの場合はその合計額の収入が910万以下ならば対象となります。

個人的にはまず公立を一律に授業料無料にしてから、私立の話になるのではないかと思います。

910万を超えてしまえば、公立も私立も自費です。

多子家庭でも、奨学金の返済があったとしても、親世代の介護があったとしても910万を超えた時点で自費です。

このラインを超えないために世帯年収を調整する自体も起きています。いわゆる働き控えです。

このような制度ならば、そりゃそうなりますよね。

実におかしな制度です。

 

所得が高い=裕福で生活豊か

 

そうなのかもしれません。けれど、その人たちはそのために時間と動力をどれだけ犠牲にしているのか?他人からはわかりませんよね。

時間がなく疲れている分、食事やハウスキーピングなど外部にお金を払ってコストがかかっているかもしれまん。

所得が高ければその分税金だってもちろん多く払っているはずです。

多くの義務を払い何も権利をもらえない、一方義務を払わす全ての権利を有する。

そんなこと起きていいのでしょうか。

資本主義国家としていかがなものなのでしょうか?

そう考えてしまいます。

また、これは親の所得で線引きした子どもの就学への権利の剥奪とも言っていいと思います。

線引きするくらいなら私立は自費、公立は無償で統一するべきだと思います。

個人的な意見ですが。

 

日本は資本主義国家のはずなのになぜか、がんばった損がまかり通る世の中だと思います。

子どもを多くうみ、労働に励み多くの生産性を生んだ人が損ばかりする。

 

これなら頑張るのやめておこうと思いませんんか?

そして皆がそう考えたら日本の生産性は上がりません。少子化だって進んでいるのにです。

これでは国力は上がらないと思います。もちろん、日本のためにもなりません。

 

所得が多い人から多くの税金をとるのはまあ良しとして

とっておいてその子どもに何も分配しないのは本当におかしな話です。

断固反対です。※所得制限世帯ではありません。

 

そんな私の持論に付き合っていただきありがとうございます。

 

 

↓所得制限と資本主義国家について考察した記事

hoikusi-chihiro.com

 

過去記事↓私の昔話

hoikusi-chihiro.com

 

↓我が家は夏になると玄関先にボトル型の日焼け止めを置いて、子どもたちと使用してます。出かけ際に使用してもらっています。

 


紫外線予報 UVさらさらジェル 250g


 

↓こちらもほしい、日焼け止め&アウトドア対策できるのが便利